防犯カメラで犯罪を予防【予防ともしもに備える設置カメラ】

仕事内容について

ガードマン

ガードマンの仕事について

ガードマンという言葉は、よく聞きますが、一般的には国会議員や芸能人、海外の有名な俳優などをガードすることです。ガードマンになると為に実技的な物も優れていなくて位はなることはできません。ただ、警察などと違って国家公務員ではなく警備会社などの私企業によって雇われている人です。ガードマンという意味はそれ以外にも現金輸送車に乗っているイメージが強いかもしれません。現金輸送車に2人組で乗って現金を輸送します。車から降りるときは一人の人は仁王立ちで警棒を構えています。このような姿を目にすることは珍しくはありません。このようなガードマンになるためには一定の試験を通過しなればなれないことが多く、誰でもなれるというわけではありません。

交通誘導の場合はどうか

もともと警備会社は上記のようなガードマンだけでなく、ビルなどの管理室にいるガードマンを派遣するなど広くガードマンを増やしていました。ところが、ガードマンの数は増えてもなかなか仕事が回ってこないことがありました。そこで、交通誘導の仕事をするようになり、今では多くのガードマンが交通誘導に回されているという現状があります。交通誘導に回される人が多いのは試験や資格が必要ないからです。ただ、高速道路の交通誘導やバイパスなどの交通誘導は一定の資格が必要になります。それ以外は特に資格が必要ないため、定年退職をした65歳以上の人が交通誘導をしている場面をよく見かけるはずです。最近は不況の影響により20代のガードマンも増えています。

RECOMMEND POST

鍵

もしもの時は依頼

お金や大切なものを保管する金庫を利用している家庭は段々増えています。頑丈な作りになっているため簡単には開かないので安心して利用出来ます。しかし、暗証番号を忘れてしまったり鍵が故障した際には鍵屋に持っていきましょう。

女性

鍵開けを依頼

金庫を所持している企業などは重要な情報や企業の収支に関するものを金庫にしまっておくのが一般的です。しかし、トラブルが発生して金庫が開かなくなってしまった場合は専門業者に依頼して鍵開けを行なってもらいましょう。

メンズ

警備会社を利用する

近年では一般住宅でも警備会社を依頼するケースが増えています。マンションなどでも警備会社と契約している住宅もあるので防犯面の高い住宅を利用したい場合は警備会社などを利用していきましょう。

Copyright© 2017 防犯カメラで犯罪を予防【予防ともしもに備える設置カメラ】 All Rights Reserved.